宮本武蔵筆 / Paintings by Miyamoto Musashi


国宝の客殿には、宮本武蔵が
筆を取り描いた「鷲の図」と「竹林の図」があります。
その先、書院の奥には写経の部屋があります。
部屋の脇には、塗香(ずこう)が入った器。
写経の前に塗香を指の先で取って、両手に塗ってください。
お香のかおりが心を静めてくれます。


二刀が交差する竹林、飛びかかろうとする鷲
Dynamic expression of bamboo forest and two eagles in action


客殿、床の間に描かれた「鷲の図」

宮本武蔵が描いた「鷲の図」は、客殿、上段の間の床の間にあります。
対面して右上には天空を羽ばたく鷲、左下のもう1羽は地上から飛び上がろうとしています。
その2羽の鷲に筆を走らせながら、剣聖武蔵は、なにを想い、鷲の姿になにを描こうとしていたのでしょうか。
そして、客殿の襖にはやはり宮本武蔵筆の「竹林の図」。
二刀流の武蔵を想起させるように、竹は勢い良く天を指し、交差しています。


客殿、上段の間の襖に描かれた「竹林の図」

観智院で写経ができます
Experience hand-copy of sutra at Kanchi-in house

(観智院の特別公開中のみとなります)


弘法大師空海の文書を集めた性霊集(しょうりょうしゅう)のなかに「心を洗って香となし、身を恭しんで華となす」という言葉があります。
多くの学僧が出入りした観智院では、1部屋を写経できる場として開放しています。

●納経料として
  国宝・五重塔塔内奉納 般若心経 2000円
  般若心経偈文 500円
●受付時間 午前9時~午後3時まで (観智院の特別公開中のみ)

※予約などは必要ありません。当日、観智院でお申込みください。
 また観智院の特別公開以外の期間は、食堂に写経の場を設けています。
 →詳細はこちら


四方正面の庭。桃山時代の枯山水の庭に手を加え、いまのようになりました。