2012春期特別公開 / SPECIAL EXHIBITION IN SPRING

宝物館「東寺の法会用具 —祈りと美—」
会期:2012年3月20日(火)〜5月25日(金)
拝観時間:午前9時~午後5時30分(拝観受付は午後5時まで・会期中無休)

国宝 観智院 「重要文化財 五大虚空蔵菩薩坐像」公開
会期:2012年3月20日(火)〜5月25日(金)
拝観時間:午前9時~午後5時30分(拝観受付は午後5時まで・会期中無休)

国宝 五重塔 初層の特別拝観
会期:2012年4月27日(金)〜5月25日(金)
拝観時間:午前9時~午後5時30分(拝観受付は午後5時まで・会期中無休)

「東寺 夜桜ライトアップ —2012年春 祈りをこめて—」
会期:2012年3月31日(土)〜4月15日(日)
公開時間: 午後6時~午後9時30分(受付は午後9時まで・会期中無休)

新緑に向かう時期
境内を散策してみませんか。


桜前線は、今ごろ、どのあたりでしょう。
不二桜の故郷は、東北盛岡。
東北の地で、桜は、どんな花を咲かせているのでしょうか。

桜の季節が通り過ぎた京都には
本来の落ち着きが戻りつつあるようです。
新緑に向かう、この時期、東寺を散策してみませんか。

宝物館では、春の特別公開を行っています。
法会用具や選りすぐりの工芸品など
公開の機会が限られる東寺1200年の寺宝をご鑑賞ください。

宝物館
「東寺の法会用具 —祈りと美—」

会期:2012年3月20日(火)〜5月25日(金)


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
阿修羅(あしゅら)
鎌倉時代 


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
摩睺羅(まごら)
鎌倉時代 


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
迦楼羅(かるら)
鎌倉時代 


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
緊那羅(きんなら)
鎌倉時代 


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
夜叉(やしゃ)
鎌倉時代 


重要文化財 行道面(ぎょうどうめん)
獅子子(ししこ)
鎌倉時代 

東寺は、真言密教の根本道場、弘法大師空海のお寺。1200年の歴史のなかで、灌頂院(かんじょういん)での修法(しゅほう)や弘法大師空海請来(しょうらい)の仏舎利(ぶっしゃり)をまつる舎利会(しゃりえ)。再建された五重塔の落慶(らっけい)を記念する塔供養(とうくよう)など、多くの法会を何度も行ってきました。

その際、使用した法会用具には、弘法大師空海請来の道具はじめ、道場を荘厳(しょうごん)する曼荼羅(まんだら)や密教法具(ほうぐ)。法会の行道(ぎょうどう)で使用した行道面など貴重なものが数多くあります。

今回は、平成23年度に重要文化財に指定された法会所用具類(ほうえしょようぐるい)を中心に、東寺所蔵の宝物から選りすぐりの工芸品を時代ごとに展示します。この機に東寺1200年の寺宝に触れていただければ幸いです。

協賛 社団法人京都市観光協会 / 京都仏教会
※期間中、一部展示替えがございます。
前期:2012年3月20日(火)~4月21日(土)
後期:2012年4月22日(日)~5月25日(金)


重要文化財
金銅舎利塔(こんどうしゃりとう)
平安時代


重要文化財
水精念珠(すいしょうねんじゅ)
平安時代

国宝
東宝記(とうぼうき)
南北朝~室町時代


重要文化財
後醍醐天皇塔供養願文(ごだいごてんのうとうくようがんもん)
南北朝時代【後期展示】


国宝
兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう)
唐時代


重要文化財
地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう)
平安時代


重要文化財
五重小塔(ごじゅうのしょうとう)
鎌倉時代

国宝 観智院
「重要文化財 五大虚空蔵菩薩坐像」公開

会期:2012年3月20日(火)〜5月25日(金)


観智院は、東寺の子院として、後宇多法皇の発願によって建立されました。書院や茶室「楓泉観」を備えるなど、住房の趣を色濃く残しています。五大の庭を望む客殿は、桃山時代の典型的な書院造で国宝指定。上段の間には、宮本武蔵の筆による「鷲の図」と「竹林の図」が描かれています。本尊は五大虚空蔵菩薩坐像(ごだいこくうぞうぼさつざぞう)。智慧の仏さまで、重要文化財に指定されています。

期間中、観智院では、写経を行っています。ご希望の方は、当日、受付でお申し込みください。


重要文化財 五大虚空蔵菩薩坐像(ごだいこくうぞうぼさつざぞう)
唐時代

国宝 五重塔 初層の特別拝観

会期:2012年4月27日(金)〜5月25日(金)


京都のランドマーク、国宝 五重塔は、高さ55メートル。木造の建築物として日本一の高さを誇ります。創建は元慶7年、883年。長い歴史のなかで、何度も失われ、くり返し再建されてきました。現在の五重塔は江戸時代、徳川家光によって再建された5代目にあたります。普段は非公開となっている初層内部には、極彩色に彩られた密教空間が広がっています。



春期特別公開 拝観料

3月20日~4月26日 春期特別公開

金堂・講堂宝物館観智院共通券
個人団体個人団体個人団体
大人5003505004005004001000
高校生400280
中学生以下300200300240300240500

(円/人)

4月27日~5月25日 春期特別公開 (五重塔初層内部特別公開)

五重塔初層内部
金堂・講堂
宝物館観智院共通券
個人団体個人団体個人団体
大人8007005004005004001300
高校生700600
中学生以下500400300240300240800

(円/人)

※団体は30人以上の割引料金です。
 ただし「京の冬の旅」特別拝観の会期中は除きます。
※共通券の団体割引はありません。
※特別公開は、春期、秋期の期間以外にも実施することがあります。
 都合により特別公開や特別参拝などの
 期間や拝観料が変更になることがあります。
※「京都修学旅行パスポート」を利用すると、金堂・講堂または
 五重塔初層内部、金堂・講堂の拝観料が割引になります。
 詳しくは社団法人京都市観光協会Tel.075-752-0227まで
 お問い合せください。