2018春期特別公開
SPECIAL EXHIBITION IN SPRING

宝物館
「東寺と後七日御修法 –弘法大師空海の宝物–」

会期:2018年3月20日(火)〜5月25日(金)

国宝 観智院
「密教教学の中心となった子院」3年ぶりの公開中

会期:通年公開中

拝観時間:午前9時〜午後5時
       (拝観受付は午後4時30分まで・会期中無休)

国宝 五重塔
「初層の特別公開」

会期:2018年4月27日(金)〜5月25日(金)

拝観時間:午前8時〜午後5時
       (拝観受付は午後4時30分まで・会期中無休)

夜の特別公開
東寺 夜桜ライトアップ ~ 不二桜に祈りをこめて ~

会期:2018年3月17日(土)〜4月15日(日)
拝観時間: 午後6時30分~午後9時30分
       (受付は午後9時まで・会期中無休)



新緑の境内で
のんびりしませんか。


桜前線は、今頃、どうしているでしょう。
「不二桜」の故郷、東北盛岡まで届いたでしょうか。
今年は、どんな桜花を咲かせるのでしょうね。

桜の季節が通り過ぎたと思ったら、
そろそろ新緑の時期ですね。京都の町にも境内にも
なんだかやさしい空気が漂いはじめたようです。

この春、宝物館では「東寺の菩薩像」と題して、
菩薩に関する寺宝を一同に展示しています。
この機会に東寺1200年の寺宝をご鑑賞ください。



宝物館
「東寺の菩薩像 –慈悲と祈りのかたち–」

会期:2018年3月20日(月)〜5月25日(木)
拝観時間:午前9時〜午後5時
       (拝観受付は午後4時30分まで・会期中無休)

弘法大師空海が東寺講堂の立体曼荼羅にあらわしているように、仏には、如来、菩薩、明王、天部の四つのグループがあります。このうち菩薩は、人々の苦しみに応じて様々な姿に変身して人々を救済します。東寺の菩薩のなかで、よく知られているのは、金堂の日光菩薩、月光菩薩や講堂の五大菩薩などですが、以前の旧食堂でも、多くの菩薩が人々の願いを受けとめていました。
たとえば、千手観音菩薩立像は像高が約6メートルあり、木造では国内最大の千手観音菩薩立像で、旧食堂の本尊として安置されていました。また、文殊菩薩を老僧の姿であらわした聖僧文殊坐像(せいそうもんじゅざぞう)や西寺伝来といわれる地蔵菩薩立像なども旧食堂に安置されていました。
ところが、昭和5年、1930年の12月21日。「終い弘法」の日に旧食堂は焼失。千手観音菩薩立像と脇侍の四天王立像は焼損大破してしまいました。千手観音菩薩立像は昭和41年、1966年から修理にとりかかり、昭和43年、1968年に完成。宝物館に安置されました。
今年は、千手観音菩薩立像が宝物館に安置されてから50周年にあたります。本展では、これを記念して、東寺に伝わる寺宝のなかから菩薩に関する宝物を一同に公開します。この機会に、ぜひ東寺1200年の寺宝に触れていただければ幸いです。

協賛 公益社団法人 京都市観光協会
    京都仏教会
後援 京都市

主な展示

※期間中、一部展示替えがございます。
 前期:2018年3月20日(火)~4月23日(月)
 後期:2018年4月24日(火)~5月25日(金)


重要文化財 千手観音立像(せんじゅかんのんりゅうぞう) 平安時代


重要文化財 聖僧文殊坐像(せいそうもんじゅざぞう) 平安時代


重要文化財 地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう) 平安時代


国宝  東宝記(とうぼうき)第一・第七 南北朝〜室町時代


重要文化財 五重小塔(ごじゅうのしょうとう) 鎌倉時代


国宝 兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう) 唐時代

十一面千手観音像(じゅういちめんせんじゅかんのんぞう) 室町時代

准胝観音像(じゅんていかんのんぞう) 室町時代

楊柳観音像(ようりゅうかんのんぞう) 江戸時代

重要文化財 桧扇(千手観音立像右脇手前膊内納入)(ひおうぎ・せんじゅかんのんりゅうぞうみぎわきしゅぜんはくないのうにゅう) 平安時代

瓦硯(がけん) 室町時代

重要文化財 宋版一切経(そうばんいっさいきょう) 南宋時代

重要文化財 東寺文書六芸之部(とうじもんじょりくげいのぶ) 南北朝〜室町時代

重要文化財 東寺観智院金剛蔵聖教類(とうじかんちいんこんごうぞうしょうぎょうるい) 鎌倉〜江戸時代



国宝 観智院
「密教教学の中心となった子院」3年ぶりの公開中

会期:通年公開中
拝観時間:午前9時~午後5時
       (拝観受付は午後4時30分まで・会期中無休)


屋根をこけら葺に修復し本来の姿を取り戻した、観智院

観智院は、後宇多法皇の発願によって建立された東寺の子院で、密教教学の中心となりました。書院や茶室「楓泉観」を備えるなど、住房の趣を色濃く残しています。客殿は桃山時代の典型的な書院造で国宝指定。上段の間には、宮本武蔵の筆による「鷲の図」と「竹林の図」が描かれています。本尊は五大虚空蔵菩薩坐像(ごだいこくうぞうぼさつざぞう)。智慧の仏さまで、重要文化財に指定されています。今回、修復工事を終え、3年ぶりの公開となります。


客殿上段の間



国宝 五重塔 初層の特別拝観

会期:2018年4月27日(金)〜5月25日(金)
拝観時間:午前8時~午後5時
       (拝観受付は午後4時ま30分で・会期中無休)


五重塔

京都のランドマーク、国宝 五重塔は、高さ55メートル。木造の建築物として日本一の高さを誇ります。創建は元慶7年、883年。長い歴史のなかで、何度も失われ、くり返し再建されてきました。現在の五重塔は江戸時代、徳川家光によって再建された5代目にあたります。今回は非公開となっている初層内部を、外側から基壇の上をぐるりと巡るかたちで特別公開します。


五重塔初層内部




春期特別公開 拝観料

2018年3月20日~4月26日

金堂・講堂宝物館観智院共通券
個人団体個人団体個人団体
大人5003505004005004001000
高校生400280
中学生以下300200300240300240500

(円/人)

2018年4月27日~5月25日

五重塔初層、金堂・講堂宝物館観智院共通券
個人団体個人団体個人団体
大人8007205004005004001300
高校生700630
中学生以下500450300240300240800

(円/人)

※団体は30人以上の割引料金です。
 ただし「京の冬の旅」特別拝観の会期中は除きます。
※共通券の団体割引はありません。
※特別公開は、春期、秋期の期間以外にも実施することがあります。
 都合により特別公開や特別参拝などの
 期間や拝観料が変更になることがあります。
※「京都修学旅行パスポート」を利用すると、金堂・講堂または
 五重塔初層内部、金堂・講堂の拝観料が割引になります。
 京都修学旅行パスポートの詳細については
 公益社団法人京都市観光協会 Tel.075-752-7070までお問い合せください。